top of page
検索

9月1日は防災の日です。8月30日〜9月5日は防災週間です。

地震や津波などの自然災害は、時として、想像を超える力で襲ってきます。

日頃から防災対策をしておくことで、被害を最小限にし、自分自身の身の安全を守りましょう。



家の中の安全対策のポイントは?


大地震が発生したときには、「家具は必ず倒れるもの」と考えて、防災対策を講じておく必要があります。


家の中の安全対策のポイント1

寝室や子ども部屋


  • できるだけ家具を置かないようにする

  • 家具を置く場合はなるべく背の低い家具にし、転倒防止対策をとる

  • 家具が倒れてけがをしたり、出入り口をふさいだりしないように、家具の向きや配置を工夫する

家具


  • 転倒したりしないように、壁に固定するなどの対策をする

  • 窓ガラスやペンダント式の照明、テレビ、電子レンジ・オーブンなど →凶器となりうるため、地震の発生時、それぞれの部屋にどのような危険があるのかを考えて、対策をする


手の届くところに、懐中電灯やスリッパ、ホイッスルを備える


家の中の安全対策のポイント2
  • 懐中電灯は停電による暗闇を歩くときの必需品

  • スリッパは割れたガラスなどの破片で足をけがするのを防ぐ

  • ホイッスルは建物や家具の下敷きになった場合に救助を求めるためのもので、少しの息でもホイッスル音が出るので、救助する際の生息の目安になる。



家の中の安全対策のポイント3

タンス


  • 床側をストッパーなどで固定し、天井側はポール式器具で固定。 ポール式器具は、タンスの奥の方(壁側)で、天井や家具の硬いところに取り付ける。 上下に分かれている家具は連結しておく。


食器棚


  • L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、開き戸には開かないように留め金を付ける。 ガラスにはガラス飛散防止フィルムを張る。

本棚


  • L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、重い本は下の段に。本棚の端の硬い部分にひもやベルトなどを取り付けて、本が飛び出さないようにしておく。


テレビ


  • 粘着マットを敷いて転倒を防ぐとともに、機器の裏側をワイヤーなどで壁やテレビボードに固定する。


冷蔵庫


  • 裏側をワイヤーなどで壁に固定する。


窓ガラス


  • 強化ガラスに替えたり、飛散防止フィルムを張ったりする。カーテンを閉めておくことでも室内への飛散防止に効果があります。また、割れたガラスが飛散した部屋でも安全に歩けるように、スリッパなどを近くに置いておく。



出典:政府広報オンライン


Comments


Powered by Sanpoterasu Co. Lmt.

bottom of page