top of page
検索

症状と応急処置

熱中症を100%は防げない


熱中症を100%は防げない

どれだけ予防行動をとっても、熱中症のリスクは常にあります。

ここでは、熱中症になってしまった場合の対応について紹介します。

いざというときに慌てなくてすむように、頭の片隅に入れておいてください。



応急処置の基本


応急処置の基本

水分・塩分補給は予防でも手当でも大切です。

水分は一気にとるのではなく、少しずつ摂取するのがいいでしょう。

塩分補給のための飴やタブレットなども発売されています。

暑い日のお出かけの際は、カバンに入れておくのがおすすめです。


涼しい場所や日陰に移動するだけでなく、エアコンや扇風機をつけましょう。

ない場合はうちわなどで風をあて、体を冷やしてください。

氷や保冷剤などが用意できれば、首の周り・脇の下・太ももの付け根といった、太い血管のある場所を冷やしましょう。


症状別の対応


軽い熱中症の場合2
軽い熱中症の場合1

・軽い熱中症の場合


めまいや立ちくらみ、手足のしびれなどが代表的な初期症状です。

これらの症状が見られた場合、まず涼しい場所へ移動しましょう。

水分・塩分補給をし、安静にして様子を見てください。

症状が改善すれば問題ありませんが、なかなか回復しない場合は医療機関を受診する必要があります。


中程度の熱中症の場合

・中程度の熱中症の場合


頭痛や吐き気、体のだるさが出てくると、さらなる対応が必要です。

涼しい場所へ移動し、水分・塩分補給をするほかに、衣類などをゆるめて体を冷やしましょう。これで症状が改善すれば医療機関の受診は必要ありません。

もし回復しない場合や口から水分を摂れない場合などは、すみやかに医療機関を受診してください。


重症の場合

・重症の場合


意識障害・痙攣・運動障害などが起きると重症と言えます。

涼しい場所へ移動し、衣服をゆるめて体を冷やします。

すみやかに救急車を要請してください。



健康と安全のための応急知識


このように熱中症やその応急処置について知っていると、身の回りの人が熱中症になったときに力になれます。熱中症は誰にでも起こる、身近な症状です。

他人事として考えず、熱中症についての知識をアップデートしておきましょう。



Comments


Powered by Sanpoterasu Co. Lmt.

bottom of page