top of page
検索

春季全国火災予防運動

少しずつ空気が温かくなり、あちこちで花のほころぶ春がやってきました。

暖房の使用頻度が減って、日中は心地よく過ごせる日が続いていますね。


春季全国火災予防運動

ですがこの暖かい春の気候は、実は火災の増える原因なのです。

そのため消防庁では、毎年春先に春季全国火災予防運動を行っています。

この記事では、今だからこそ気をつけたい火災について、防止の観点からご紹介していきます。



なぜ春に火災が多いのでしょうか?


冬はとても空気が乾燥するため、火事が起きやすいと考えている方も多いでしょう。

ですが、冬以上に火事が多いのは春なのです。

もっとも火事件数が多いのは3月、次いで多いのは4月となっています。


この結果を意外に思う方もいるかもしれません。

春はまだ朝晩が寒くて気温が上がりきらず、乾燥した空気が残っています。

そこに大陸の方から乾いた移動性高気圧がやってきて、強い風を吹かせます。春に強く吹く風である春一番は、皆さんもご存じですよね。


この乾燥した空気と強風が相まって、春先は火事が一番多くなるのです。



主な火災の原因


自宅が火事になる場合、さまざまな原因があります。

どのような原因で火災が起きてしまうのか、見ていきましょう。

令和3年の総出火件数は35,222件でした。これを原因別に並べてみましょう。

主な火災の原因1

1位:「たばこ」3,042件(8.6%)

2位:「たき火」2,764件(7.8%)

主な火災の原因2

3位:「コンロ」2,678件(7.6%)

4位:「放火」2,333件(6.6%)

5位:「電気機器」1,816件(5.2%)


トップ5に入っている、たばこやコンロ、電気機器は私たちの身近にあるものです。扱い方を間違うと、どの家庭や会社でも家事につながる恐れがあります。



いのちを守る10のポイント


消防庁では、住宅火災からいのちを守る10のポイントを公開しています。


★4つの習慣


4つの習慣
  1. 寝たばこは絶対にしない、させない。

  2. ストーブの周りに燃えやすいものを置かない。

  3. コンロを使うときは火のそばを離れない。

  4. コンセントはほこりを清掃し、不必要なプラグは抜く。


★6つの対策


6つの対策2
6つの対策1
  1. 火災の発生を防ぐために、ストーブやコンロ等は安全装置の付いた機器を使用する。

  2. 火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年を目安に交換する。

  3. 火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類およびカーテンは、防災品を使用する。

  4. 火災を小さいうちに消すために、消化器等を設置し、使い方を確認しておく。

  5. お年寄りや身体の不自由な人は、避難経路と避難方法を常に確保し、備えておく。

  6. 防火防災訓練への参加、戸別訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う。


6つの対策は機器の買い替えなどもあるため、すぐに実行するのは難しいかもしれません。

ですが、4つの習慣は今日からでも変えられる習慣です。


火事になって、もし家族に誰も怪我がなかったとしても、家や思い出の品などを失われるものは大きいでしょう。

後悔する前に、火事につながりそうな習慣をやめ、火災予防に努めてみませんか



参考・引用:消防庁 火災統計および資料


Comments


Powered by Sanpoterasu Co. Lmt.

bottom of page